ホーム 今週のおすすめ がま磯 「ヒラマサ天剛(てんごう)II」「ブラックトリガー」入荷!!

がま磯 「ヒラマサ天剛(てんごう)II」「ブラックトリガー」入荷!!

細身肉厚のヒラマサ専用設計。メーター級を獲るための粘りのロッド「ヒラマサ天剛(てんごう)II」と未到達のポイントを攻める。チヌ竿新コンセプト“遠投特化モデル”「ブラックトリガー」が入荷しました。

ヒラマサ天剛(てんごう)II

「磯のスプリンターの疾走を受け止めるには強靭なバッドパワーが必須」という考えのもと設計された初代ヒラマサ天剛。「がま磯 ヒラマサ天剛2」は、初代よりも軽量化をはかり、細身肉厚設計にすることで、従来からも評価の高かった粘り腰を飛躍的に向上させました。この粘りにより魚が暴れにくく、さらに魚の引きに柔軟に対応することで、釣り人への負担も軽減。メータークラスのヒラマサでも非常にとりやすい竿になっています。また、根ズレについては、竿に必要以上の反発力を抑えているため、ハリスに掛かるプレッシャーも少なく、従来なら切られていたヒラマサがとれることを、テストでも実証しています。また、同様に細身肉厚設計のフカセタイプを新たに追加。繊細なアプローチでヒラマサを狙うことも可能です。

ブラックトリガー

撒き餌でポイントを作り寄せて釣るという要素が強いチヌ釣り。仕掛けと撒き餌の到達距離が遠ければ遠いほど広大なポイントを作ることができるのは自明の理です。すなわち、遠投性能が高いと釣果アップの可能性が高まるということになります。そこで、遠くまで投げるために、従来よりも穂先を太くし、パワーを持たせたことで仕掛けを楽に遠投できるようになりました。また、穂先のパワーアップは、飛距離だけではなく、コントロール性能も飛躍的に高めました。もちろん、遠投に特化した重量のある円錐ウキや棒ウキも難なく投げられます。さらに、持ち重り感を軽減するために、穂先を従来より短く設定。その分、#2~元竿を少しずつ長くすることで、やりとりの際に魚の引力パワーを受け止めるパートが大きくなり、チヌを暴れさせずに取り込むことが可能です。直線性と感度、スベリの良さをいかしたPEラインを使った、近年増えつつあるPE釣法にもおすすめです。